スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違うにも…。

母と叔母の会話

「この子(私の事)ったら、この前小樽で
 一輪車に乗ったのよ


叔母「やぁだ、お姉ちゃん。二輪車でしょ



どちらにも乗っていません。
私が乗ったのはこれです。
チャリタク

スポンサーサイト

「しかたないか。」

母は、ちょっと前の「おばさん韓流ブーム」に見事にライディングし、
現在も、きちんと“テレビで韓流チェック”を毎日こなしている。
ドラマを見るために最新式のテレビを2台購入し、
録画のしかたも完璧マスターしている。
2台のテレビやらDVDやらを駆使して、1話たりとも見逃すもんかと
色んな韓国ドラマを見ている。

    夢中とゆーのは こういう事 だな

で、母は くぉん・さんう だかのファンらしい。

その彼が近々結婚するというニュースを知り、うちの弟に

母 :  「くぉん・さんう が結婚するんだって
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ・・・しかたないっか

弟 : (゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)・・・・・・・



で、弟は「母さんが、結婚できるわけじゃないんだから。」
と、言ったそうだ。

くぉん・さんうが結婚して引退するわけじゃない、
お母さんとめぐり合って結婚することもない、
それにしても、まじでー?ありえないから・・・
と私は心の中で思いつつ、それらの話を聞いてたんだけど、

母 :「相手の人ってどんな人なんだろ?」

  はい~っ?(*_*;

すかさず、うちの主人が「きっと母さんに似た人だよ」

母、ごっつい笑顔でした。


「しかたない」 
母の使用方法=仕方ないのではなく むしろ あきらめてない事を強調するための言葉

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。